笑門来福


by cocoronohon

(>_<)

f0093897_11221783.jpg

ここ2~3日 こんな風景です。
すぐ融けちゃうけどね^^
[PR]
# by cocoronohon | 2006-03-31 11:22

こっそり載せちゃえ!

長女(中1)の 『詩』    (なぐりがき)

人はどうしてにげないんだろう

どうして生きているの

生きようとするのかな?わからないな。

にげよう にげようって思っても

やっぱりにげようとはしない。

なんでかな?

今。ここに生きてること

あたりまえにおもってしまっているから

人生から 自分から にげることできないのかな?




え~ 漢字が書けていないのもそのまま原文通りです(爆)

担任が国語の先生でして
授業にでてくる文も ふか~~く読み取る子ですね。と仰っていました。
メモちょうとかスケッチブックなどのあちこちに こんな詩をよく書いています
深読みするとどきどきするので 最近はさらっと読んでしまいます。

さすが つきの子(爆)・・な~んてね。^^;
[PR]
# by cocoronohon | 2006-03-29 16:27
私は自分の子供を産むまで 子供が苦手で
どちらかというと好きではなかったのです。

お世話をするとか一緒に遊ぶとかが出来ないと思っていました。

前にもブログに載せたのですが

2番目の子(長女)が未満児でお世話になった保育園の先生が
私の子供に対する考え方を変えてくださったのです。

私の周りの保護者からは あまりいい話しは聞かなかった先生でした
たしかに ちょっと変わっていたかもしれない

でも「変な子だいすきーー!」っていってくださるんです。

うちの長女 笑わない子で おだてに乗らない ちょっと扱いにくい子だったんですが
・・・それはかわらないのですが、
未満児のクラスを仕切る 頼りになるお姉さん肌を発揮するようになって

少しくらい危ない事も平気な先生だったから
外でのびのび遊ぶようになって
早番で来ている先生のお化粧をかぶりつきで眺めて 
自分も塗ってもらって得意になってました。

とにかく自分も先生と同じことができると思ってて
なんでもやりたがって
先生はそれをダメとも言わずなんでもさせてくれました。

そして すごい!すごい!って褒めまくるんです。
これは こうやって こーして なんてあまり言わないで
「ほら おいで~ ○○するよ~」って感じ! うまい!!(爆)

同じクラスに男の子がひとりいたのですが
その子がよく寝る子で、お帰りの時間になってもまだ寝ているんです。
未満児という自由さもあったでしょうけど
無理に起こそうともせず 迎えに来たお母さんに
「まだ起きないのよ~ ははは~」って言っちゃうの。

こうじゃなきゃいけない!ということがなくて
それでいいのよ!と言ってくれる。
こんな先生だからこっちも気楽でいろんな話しもできて
私も楽になれたし 子供を認めることができるようになれた気がします

クレヨンしんちゃんの「ゾウさん」知ってます?
あれを 自分の子供にやってしまう先生なのよ~。^^;
(この番組が放送されるずっと前ですよ)

この時の未満児さんとお母さんたちとは
今でも仲がいいのです。
先生のおかげかもしれません。



同じころ 私は『天の瞳』(灰谷健次郎)に出会い
この先生といっしょになって感動し
『母』三浦綾子を薦めていただいて読みました。


今こうして書いてて
やはり いい出会いだったなー と思いました。
会いに行ってこようかな。
[PR]
# by cocoronohon | 2006-03-29 16:03